薄毛・美肌のための禁煙のすすめ

ドクターと連携して薄毛やニキビなどのお肌の悩みを改善するサロン、プログレプライベートサロンです。

体に良くないとわかっていてもなかなかやめることの難しいタバコですが、今回は具体的にタバコが薄毛にどんな影響を及ぼしているかをご説明いたします。

◆タバコが髪や体にどんな影響を与えているのか。
・喫煙により髪に必要な栄養素が消費されてしまう
  タバコを吸う度にビタミン類が消費されています。
  具体的にはタバコ1本で約25㎎のビタミンCが小皮され、ひと箱では500㎎も消費されることになります。
  ビタミンC だけではなくビタミンB群やビタミンEまで消費されています。
  健康な髪の毛や肌を作るために、バランスの良い食事は欠かすことができません。
  しかしタバコを吸っていると肌や髪のために摂取したはずの栄養がタバコによって消費されてしまうのです。

・ニコチンによる血管収縮
  ニコチンには血管を収縮してしまう作用があります。
  血管は栄養を全身に運ぶ大切な役割をしています。
  髪の毛一本一本にも毛細血管が張り巡らされており、血液が運んでくる栄養が毛母細胞に届くことによって髪の毛が生えます。
  血管が収縮してしまうと運ばれてくる栄養が髪の毛に行き届かなくなってしまうのです。

喫煙者にとって禁煙は難しいものです。
しかし、喫煙は肌や髪にとって悪影響しかありませんし、周知のとおり動脈硬化や癌など様々な病気の原因にもなるものです。
タバコ一箱を毎日吸うと月に15000円ほどかかります。
この金額が節約できて、肌や髪が若々しくなるのだとしたら、辛い禁煙も励みにならないでしょうか。

髪や肌のためにより健康的な生活習慣をぜひ身につけていただけたらと思います。

bnr

Untitled-1-02

プログレプライベートサロン
宮城県仙台市青葉区本町16-15 中村ビル3F
022-263-8202

http://progre-s.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中